こんなことしたよ!

秋真っ盛りの”ももはなの森”

11月に中十が過ぎ、”ももはなの森”も秋色に染まっていました。秋の森で過ごす子どもたちの様子です。

すっかり秋模様になった”ももはなの森”
朝日を浴びて今日も遊びが始まります。
続々と”ももはなの森”に集まってくる子どもたち。
今年の”ももはなの森”で賑わっている場所は どんぐりの木。
片目でのぞいてみたり
顔を近づけて のぞき込む。
ちょっと離れたところから見てみたり
友だちと一緒に見てみたり
なにか書いてあります。読み始めた年少さん。
実は、カエルが木の穴の中で冬眠しているのを子どもが見つけたんです。見守って欲しくてポスターを貼りました。
毎朝、木をのぞいていく子がたくさんいます。
ジュズダマ通しも 枯れた中から見つけています。
実は枯れた方が通しやすいジュズダマが集まるんですよ。
秋になると 葉っぱで遊ぶ子どもたちが増えてきます。黄色のイチョウの葉っぱを手にいっぱい持っています。この量を持てるのもすごい!と思います。
もちろん草花を集めて飾りを作ることも楽しんでいます。
摘んだ花を草で縛って花束を作ろうとしています。
ナンキンハゼの葉っぱを縛って花束を作っているのかな?
葉っぱで 何かを包もうとしているようです。縛ることを覚えると遊びが広がっていくようです。
木の実も子どもたちの遊び道具。
赤・紫・青・黒など いろいろな木の実や花を集めています。
お店屋さんが始まっています。いろいろな商品が並んでいますよ。
今日年少さんがお店をオープンしました。
隣では、バーベキューが始まっています。
材料は落ち落ち葉ではなく、色によって肉になったり、野菜になったりしています。
かくれんぼが始まったようです。
隠れるところは 草の中に決めたようです。
木の後ろに隠れて嬉しそう。
木の後ろではなく、木の中も隠れ場所みたいです。
桃組の男の子に流行りつつあそび。手作りの釣竿。
枝に草を縛り付けて、草を通せば釣竿が完成。釣りをしているポーズを取ってもらいました。
池に近づきすぎて はまってしまいました。しかし、笑顔!
秋のあそびを楽しんでいる子どもたち。
”ももはなの森”のいろいろな場所で楽しんでいます。
落ち葉で遊び
友だちとあそび
ちょっとした緊張感も味わって
笑顔で
幼稚園の生活を楽しんでいます。