こんなことしたよ!

「ようせいさんにあえたよ」

星組さんが楽しみまっていたお泊り保育。友だち、先生と一緒に楽しい二日間を過ごしました。「よいせいさんにあえたよ」と、子どもたちは大喜びでした。

お泊り保育の始まりは、観音山!バスに乗って出発です。
バスに揺られて30分。山道を進んでいきます。
観音山に到着。所長さんが迎えてくれました。
早速、観音山の探検に出発。
景色の良い場所では、
思わず「やほぉーーーーーーーー」っと言いたくなるのです。
歩きながら、見つけるのはサワガニ・カエルとさすがももはなの子どもたち。
下ばっかり向いていると思ったら、木の上のカタツムリを見つける子もいました。視界の広さに驚かされます。
途中休憩。水筒をゴックン!おいしい!!!!!
高尾からは、山道に入っていきます。険しい下り坂。
手をついて降りていくのが安全ですね。
ここで沢あそびの予定だったのですが、
連日の雨で水量が多くて、今回は中止でした。
山道を頑張って登っていくと
上から滝のように水が流れ落ちていると
滝に打たれる”修行僧”???が登場しました。
そして、更に険しい山登りが始まります。「がんばるぞーーーーーー」と気合を入れました。
急な勾配を登っていきます。
狭い山道を ぐんぐん登っていきます。
ロープを持って登ったり、
木の橋を渡ったり、
急な山道は続きます。
大きな岩を登る子や、横をすり抜ける子と、思い思いの道を選択していきます。
やっと到着。ジュースを飲みほしていると
ベルの音が聞こえてきました。音のする方にあつまる子どもたち。「ようせいさん?」
先生が、字が書かれている葉っぱを見つけてきました。
葉っぱには「あえるね」と書かれていました。どういうこと???と考える子どもたち。
「よるになると、ようせいさんが、もりにきてくれてあえるんじゃない?」と推理してくれました。
幼稚園に帰り、着替えると、次に待っているのは”夕ごはん”
会場は芝生の上に机を並べた”ももはなレストラン”
気持ちの良い芝生のレストランです。
レストランスタッフも歓迎してくれていますよ。
夕ごはん、メインは”トンキーのカレー” 
星組さんがお世話した野菜のサラダもありますよ。
大事に持って、友だちが待っているテーブルに。
さぁ、食べようっとげんきですね。
いぇーーーい。たくさんたべるよーーーーー」
夕暮れになり、涼しさも感じられるようになりました。
さて、お泊り保育なので、寝る準備です。シーツの敷き方を先生が教えてくれています。
みんな真剣に聞いています。
布団を運ぶのも、楽しそうですね。
先生に教わったようにシーツを敷いています。がんばってね!
日も落ちて暗くなった”ももはなの森”の探検です。ろうそくの明かりで、幻想的。
虫寄せをしてある木に集まって見ています。
なにか来てくれていたのかぁ?
「そうだ、ようせいさんがいるかもしれないよ」ようせいの木に向かって歩いていくと、
ベルの音が聞こえて来ました。ようせいの木に集まる子どもたち。
上を見あがると「いたぁーーーーーーー、ようせいさんだぁ」と興奮気味な子どもたち。
「えぇー、ようせいさん、いたぁーーー」と遅れてきた子も、びっくり。
「おおきなこえをだすと、ようせいさんがこわがるから」「しぃーーーー」小さな声で「ようせいさ~ん」と呼んでいましたね。
寝る準備ができましたが、元気です。
朝になると”ももはなの森”にはくわがたが来てくれていましたよ。
綺麗に並んで寝ていたはずですが・・・。
「おはよーーー」
起きるとパジャマ姿で”ももはなの森”に行きます。気になるのは、ようせいさん。まだ、いるかなぁ?
よせいさんの手がかりを探していいるようです。
その後は、いつもの遊びが始まりました。
パジャマ姿で、うんていぼうで遊びます。
ジャングルジムに登って、ようせいさんの近くに行くんだって。
森から帰ったら 顔を洗って、歯磨きをして
お布団の片づけをし始めました。
みんなと一緒だと片付けも楽しいみたい。
朝ご飯が終わるとベルの音が聞こえてきました。
ようせいの木に向かって走り出す子どもたち。嬉しそうですね。
ようせいの木の下に着くと
なにやら発見したようです。
篭を発見!!!!!
なになにっと真剣な眼差し。
いったい何があったんだろう?
篭の中からは、プレゼント。手をたたいて喜ぶ子もいましたよ。
「やったぁーーーーーー!!!」
とっても嬉しそうですね。
篭の中には、きれいなプレゼントが入ってしました。
自然に笑顔がでてくる子どもたちです。
先生から一人ひとりにつけてもらいました。
「わぁ、すごい!」「きれい!!!}
お互いに見せ合っていますね。
みんな胸につけてもらい、とっても得意そうですね。
プレゼントを胸につけたら、ようせいさんに「ありがとう!」と言ってました。
「ようせいさん、ありがとうーーー」