こんなことしたよ!

生き物との出会い~”ももはなの森”で~

初夏になり、”ももはなの森”にも いろいろな生き物が登場してくれています。

アオスジアゲハの幼虫を発見
こちらでも ちょっと大きな青虫発見。
懐中電灯を手に木の中を 覗いている子どもたち。
この穴が何か居ることは 一年前の体験で覚えていますね。
なんと たまむし です。綺麗ですね。
”ももはなの森”と 生き物 大好きな子が見つけました。
もちろん 友だちにも見せてくれていましたよ。
こっちの木でも 生き物発見。捕まえてみたいけれど ちょっと怖い感じかな?
カミキリムシです。
森の奥では ダンゴムシ・お家を作ってくれているようです。
ダンゴムシの居そうな場所を 知っているのも 遊んで育まれた知恵ですね。
飼育ケースの中には カナヘビ。
じっくり観察。触ってみる。自分で捕まえることができなくも、年上の子が 捕まえ、見せてくれますね。
部屋に行く途中で 寄り道です。
パンジーの花に たくさんの幼虫。大きくなったら きれいな蝶になるんだよね。
池の周りで この手つきは メダカすくいですね。慎重に、慎重にメダカが近づいてくるのを待ちます。
女の子が手のひらに乗せているのは ヤゴ ですね。
そして、この姿は カエル獲りですね。ももはな伝統のスタイルになってきています。
真似=学ぶ 姿を見ることができますね。年少さんなのに すごい!
橋の上から 橋の下を見て探しているのは カエル。
とっても賑やかな橋の上ですね。
「ほら おれ カエルつかまえた!」と ちょっと自慢げです。
飼育ケースの中には カエルが一杯。「みせて!」の声に余裕のポーズで見せてくれました。
子どもたちにとって ”ももはなの森” は 身近に生き物を感じることができる環境です。