こんなことしたよ!

ジュズダマ特集

百花幼稚園ならではの”あそび”の一つが”ジュズダマ通しです。
”ホームページンには、時々載っていますが、今回はジュズダマ通しで祖経っている子どもの姿に焦点を当ててみました。

森のジュズダマを通す子どもたちは、こんなことを知っています。
「しろいジュズダマがぬきやすい」
「ちゃいろでもぬけるのがある」「みどりがぬけたらすごい!」「ジュズダマをとおすくさは、いけのちかくにある」「くさのさきっぽがやわらかくなったら、とおりにくくなるから、さきっぽをきったほうがかたくなるからいい」
ジュズダマを、草に通す子どもたち。
真剣です。
集中しています。
根気強いです。
無口です。
ジュズダマを探す子どもたち。
どんなジュズダマが通しやすいのかを、友だちから教えてもらっています。
たくさんのジュズダマの中から見つけだしています。
目の前のジュズダマの中から、どれがいいのか自分で判断します。通らないときはあきらめて、次のジュズダマに変えていきます。
ジュズダマの芯を抜く時は、爪先に力を集中させます。
ジュズダマの芯を抜く時は、慎重です。
ジュズダマの芯を抜くのは、簡単ではありません。
ジュズダマが通った時は、とっても快感です。
ジュズダマが通った時には「やたぁーーー」と達成感を味わっています。
ジュズダマが通った草は、自慢です。
一人でやるより、二人や三人が楽しいのです。
話しは弾まないのですが、近くでやるのが楽しいのです。
ジュズダマを草に通すことを楽しむ子どもたちは、いろいろな経験をしています。
子どもたちのあそびを見ていると、知っていること、できることを使って(認知能力)、考え、試し、工夫しています。(非認知能力)ジュズダマを自分から、通してみようとする気持ちが、主体的な学びに向かう姿になっています。
この気持ちを育てることが、これからの子どもに必要とされている力です。